愛知でバス運転手を目指す人のサイト「バスリーチ」 » バス運転手として働くなら【知っておきたい基礎知識】 » バス運転手の仕事はきつい?

バス運転手の仕事はきつい?

バス運転手の仕事がきついと言われる理由をリサーチ。路線バス、観光バス、送迎バス、それぞれの働き方の実態や、仕事選びで失敗しないための注意点をまとめました。

バス運転手がきついと言われるのは何故?

バス運転手の仕事がきついと言われる理由には、「長時間運転することが多い」「変則的なシフトで生活が乱れがち」「就業条件と給与のバランスが取れていない」ことなどが挙げられます。
バス会社のシステムによって働きやすさは変わってきますが、実際はどうなのか、路線バス・観光バス・送迎バスの種類別に実態を見ていきましょう。

バス運転手の仕事の実態を見る

路線バス

バス運転手の中でも特にきついと言われがちなのが、路線バスの運転手です。

■路線バスの勤務シフト例
1日:6:30~20:00
2日:5:30~14:00
3日:6:00~19:30
4日:7:30~21:30
5日:休日
6日:休日
7日:6:00~20:00

運行ダイヤが決まっているため残業は少ないものの、シフト制で拘束時間が長く、変則的な勤務時間になることがほとんどです。運行本数が圧倒的に多く、よりたくさんのお客様を乗せる重圧からきついと感じる人もいます。

観光バス

観光バスは1日かけて観光名所をまわるため、路線バスと同様に拘束時間は長くなります。

■観光バスの勤務シフト例
1日:7:00~18:00
2日:休日
3日:休日
4日:7:00~20:30
5日:8:00~21:30
6日:6:30~20:00
7日:9:00~20:00

ツアーに合わせて乗務を行うので、残業が発生しやすいのが特徴です。長時間休憩なしで運転することもあり、最初のうちは疲れを感じることも。ただしツアーの時間帯はほぼ決まっているため、夜はしっかり寝て規則正しい生活が送れます

送迎バス

バス運転手の中でも、未経験者が働きやすく、比較的、勤務が楽なのが送迎バスです。

■送迎バスの勤務シフト例
1日:6:30~21:00
2日:6:00~19:00
3日:休日
4日:休日
5日:6:30~19:00
6日:10:00~21:00
7日:6:30~17:30

送迎は定時に行うことがほとんどなので、残業が少なく、拘束時間も短めです。他のバスと比べると運転距離も短く小型バスを使うことが多いため、まずは送迎バスからスタートし、その後観光バス等へステップアップしていく会社もあります。

バス運転手として安定した
働き方ができる
厳選3社 in 愛知

バス運転手の仕事選びで失敗しないためには

自分に合っている勤務スタイルやバスの種類は、実際に働いてみなければわからないもの。失敗しないためには、複数の種類のバスを運行している会社を選ぶのがおすすめです。路線バス・観光バス・送迎バスを運行している大手バス会社などでは、職種変更やキャリアアップも可能です。
自分に合った働き方を見つけられるのはもちろん、長年勤める場合も、新鮮な気持ちで仕事に取り組めるでしょう。その他にも快適に働くためには、

・歩合制の場合、給与保証があるか
・有休の取得率が高いか(休みが取りやすい環境か)
・福利厚生など、待遇が良いか

などのポイントをチェックしましょう。

       
会社の安定性に注目!
愛知でバス運転手として働けるおすすめ3社
       

転職を考える上で考慮すべきポイントはたくさん。愛知県でバス運転手への転職を検討しているなら、企業規模と給料と福利厚生に注目することが、本当の安定性に繋がります。おすすめの3社を厳選しました。

ホワイトな労働環境
安心して経験が積める

豊栄交通

給与32万円〜
歩合制のため平均値
年間休日121日程度
職種の数4種類(送迎・路線・貸切・観光)

愛知の交通網
大きくカバーする企業規模

名鉄バス

名鉄バス公式サイトキャプチャ

引用元:名鉄バス公式サイト https://www.meitetsu-bus.co.jp/recruitment/cyuuto/index.html

給与月給19万円
+各種手当
年間休日121日程度
職種の数5種類(路線・高速・送迎・貸切・空港)

遠方からの転職も歓迎
充実したサポート

三重交通

三重交通公式サイトキャプチャ

引用元:三重交通公式サイト https://www.sanco.co.jp/company/recruit/lp/all/

給与196,480円〜
+各種手当
年間休日107
職種の数4種類(路線・貸切・観光・空港)
       

    【選定基準】
愛知県バス協会に加盟する会社のうち、公式HPがあり、正社員採用を行っている会社の内、対応バス職種数が4つ以上かつ所有バス台数の多い3社(2021年8月24日時点)
※会社規模=バス事業の大きさと定義し、保有バス台数と対応できるバス運転手の職種の数に注目しました。

ピックアップ関連記事