愛知でバス運転手を目指す人のサイト「バスリーチ」 » バス運転手として働くなら【知っておきたい基礎知識】 » バス運転手の定年は?

バス運転手の定年は?

バス運転手として働く際、いつまで働けるかを知ってから仕事を始めたい…と思っている人も多いはずです。では実際にバス運転手に定年はあるのか、そしてできるだけバス運転手を長く続けるためのポイントを紹介します。

バス運転手に定年はあるのか

路線バスの運転手

路線バスは、他のバスの運転手よりも長時間労働になるケースが多いです。そのため、退職に関しては定年というよりも健康状態によって決まります。運転手の健康状態が悪いと、思わぬ事故につながることから、バス会社も健康状態を随時チェックしています。いわゆる定年と呼ばれる年齢まで続けられることもありますが、反対に健康状態が悪く定年前に退職となるケースもあり得ます。

観光バスの運転手

観光バスの場合は、バス会社やルートによって異なります。短いルートの場合は、高齢になった運転手でも続けることができるでしょう。一方で長距離運転を必要とする観光バスの運転手は、路線バスと同様に運転手の体力が大きく影響します。

高速バス・夜行バスの運転手

高速バスや夜行バスは、勤務時間帯が深夜になったり、長時間走行が当たり前だったりする影響から、高齢になると運転手を続けることができません。特に夜間の運転は通常よりも視野が狭くなることから、若くて健康な運転手を求めます。若いときは高速バスや夜行バスを運転していた運転手でも、年齢に伴って業務内容を変える、というバス会社も多いです。

送迎バスの運転手

幼稚園や介護施設といった送迎を基本とした送迎バスの運転手は、ルートも短く業務時間も長くないのが特徴です。それほど重労働でないことから高齢の運転手も多くいます。体力に自信があり、健康体であれば年齢をある程度重ねていても働き続けられるでしょう。

バス運転手を長く続けるポイント

バス運転手を長く続けるポイントは、まず健康でいるということです。どんな仕事でもそうですが、健康でなければ仕事はできません。特にバス運転手は体調の良し悪しが業務に大きな影響を与えます。もしも体調が優れない状態で業務についた場合、運転中に体調が悪化してバスを停車させなくてはならなくなった、思わぬ事故を起こしてしまった、となれば大きな問題につながります。

バス運転手1人の問題ではなく、バス会社・バス業界の問題にまで発展する恐れもあります。まずは体調管理をしっかりと行い、年齢によって変わり始める体調ともしっかり向き合いながら、健康を維持できるように生活を整えましょう。不規則な業務に就いているバス運転手には難しいこともあるかもしれませんが、規則正しい生活を起こることが何よりも大切です。

さらに、健康でいることだけでなくきちんと目の前の仕事を正確にこなす、ということも忘れてはいけません。いつまでも働いてもらいたい、と思ってもらえれば、バス会社でも年齢に合わせた業務を用意してくれるはずです。反対にトラブルやミスが多く、あまり良い印象がない運転手の場合、年齢を重ねてから会社はどういう思いで雇用するかを考えてみてください。もう高齢だし、そろそろ…というように言われてしまう恐れもあります。

業務を通してしっかりと会社との関係を築き上げることで、長く働きやすい環境を自らで作り出すことが大切です。

       
会社の安定性に注目!
愛知でバス運転手として働けるおすすめ3社
       

転職を考える上で考慮すべきポイントはたくさん。愛知県でバス運転手への転職を検討しているなら、企業規模と給料と福利厚生に注目することが、本当の安定性に繋がります。おすすめの3社を厳選しました。

ホワイトな労働環境
安心して経験が積める

豊栄交通

給与32万円〜
歩合制のため平均値
年間休日121日程度
職種の数4種類(送迎・路線・貸切・観光)

愛知の交通網
大きくカバーする企業規模

名鉄バス

名鉄バス公式サイトキャプチャ

引用元:名鉄バス公式サイト https://www.meitetsu-bus.co.jp/recruitment/cyuuto/index.html

給与月給19万円
+各種手当
年間休日121日程度
職種の数5種類(路線・高速・送迎・貸切・空港)

遠方からの転職も歓迎
充実したサポート

三重交通

三重交通公式サイトキャプチャ

引用元:三重交通公式サイト https://www.sanco.co.jp/company/recruit/lp/all/

給与196,480円〜
+各種手当
年間休日107
職種の数4種類(路線・貸切・観光・空港)
       

    【選定基準】
愛知県バス協会に加盟する会社のうち、公式HPがあり、正社員採用を行っている会社の内、対応バス職種数が4つ以上かつ所有バス台数の多い3社(2021年8月24日時点)
※会社規模=バス事業の大きさと定義し、保有バス台数と対応できるバス運転手の職種の数に注目しました。

ピックアップ関連記事