愛知でバス運転手を目指す人のサイト「バスリーチ」 » バス運転手として働くなら【知っておきたい基礎知識】 » バス運転手の眠気対策

バス運転手の眠気対策

このページでは、バス運転手があらかじめ講じておくべき眠気対策について、わかりやすく解説しています。個人で実行可能な対策例やバス会社がおこなっている眠気対策などをみていきましょう。バス運転手への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

眠気対策でできること

バスの運転手にとって、居眠りをすることのないようしっかりと眠気対策をしてから業務にのぞむことがとても重要です。眠気対策にはどのようなものがあるでしょうか。

充分に体を休めておく

基本的なことかもしれませんが、身体の疲れを取り除いておくことが、そのまま眠気対策となります。運転中に眠気におそわれることのないよう、睡眠や休憩をしっかりと確保するようにしましょう。特に、夜行バス運転の場合は、昼夜逆転生活となるため、上手に睡眠をとるのが難しいこともあります。そんなときには、たとえ眠ることができなくても体を横にして休みをとることが大切です。

ガムも眠気対策になる

ガムを食べることも眠気対策になります。大型トラックの運転手であれば、大音量で音楽をかけながら運転して眠気対策としている方もいますが、乗客を運んでいるバス運転手ではできません。けれどもガムを食べて眠気を覚ます方法であれば、迷惑をかけることもないでしょう。

仮眠後にカフェインを摂取する

眠気覚ましとして30分間を超える長さの仮眠をとった場合、「睡眠慣性」という、ある意味「寝ぼけた状態」がしばらく続きます。ですので、長い仮眠のあとは、なんらかの方法で脳を覚醒状態へと戻す必要があります。身体を動かしたりする以外に、カフェインの摂取もおすすめです。ただ、カフェインの効果が発揮されるまで15~30分のタイムラグがあるので、その点には注意が必要です。タイムラグを計算に入れてコーヒーなどを飲むようにしましょう。

バス会社が行う眠気対策

バス運転手が個人で実践できる眠気対策もありますが、会社側がおこなっている眠気対策もあります。

危険を知らせる装置を導入

バス内には、バス運転手の居眠りを防止するための、様々なハイテク装置が設置されています。例として「ドライバーステータスモニター」が挙げられます。これは、居眠りや脇見運転などが検知されると、音声や警報でそのことを伝えてくれる装置です。ほかにも、車線を逸脱すると警報が作動する装置などもあります。

警報音は、乗客にとって心地よいものではないですが、安全を優先して考えるべきであるという判断のもと、装置を導入する会社が増加しつつあります。

勤務スケジュールに充分な休憩時間を組み込む

人手不足が深刻化してきているなか、それでも安全のために、運転手の充分な休息時間を確保することを重視する会社もあります。また、「疲労ストレス計」を導入し、一定の基準をオーバーしている場合には、その運転手をその日のシフトから外すようにしているところもあります。

運転手の居眠りで起きた事故

居眠りによる事故も多く起きています。その1つが、過去に群馬県藤岡市関越自動車道上り線で起きました。藤岡ジャンクション付近で高速ツアーバスが事故を起こした事例です。乗客は45 名で、道路の左側壁に衝突して乗客7名が亡くなり、38名が重軽傷を負ったという事故でした。

原因として運転手は「居眠り」と述べているようです。運営会社への立入検査で、日雇い運転者の選任、運行指示の不実施、運転者の健康や、注意事項伝達の点呼の不実施などがわかりました。他にも運行管理が不適切、車両の整備不良など多数の違反が確認されたようです。

安全対策強化が実施された

上記、関越自動車道での高速ツアーバス事故を受け、国土交通省では事故対策本部の設置と情報収集を実施しています。同時に緊急対策として過労運転防止のための交代運転者配置基準の明確化と厳格化、平成26年度末までの2年を期間とする、高速、貸切バスの安全、安心回復プランによる安全対策強化を実施しました。

内容は、新高速乗合バスへの行こうと一本化や貸切バスの安全性向上、安全優先経営の徹底、ビジネス環境の適正化と改善です。

法令遵守の徹底・悪質事業者の排除

緊急重点監査の結果、高速ツアーバスを運行する事業者の中には、重大な違反をしているケースも見受けられました。そういった悪質事業者の排除として、重大な違反が疑われるような事業者のリストが公表されました。

過労運転の防止

関越道の事故の大きな原因として考えられるのが運転手の居眠りです。運転中でも居眠りをした原因として、過労運転が挙げられます。そのため、長距離、夜間運行をする高速ツアーバスに対し、ワンマン運行できる時間と距離の上限を定めた、交替運転者の配置基準を策定しました。

旅行業者・貸切バス事業者間の取引環境の整備

旅行業者と貸切バス事業者の間で取引内容の明確化と公正な取引の確保のため、運送に関する文章の作成と保存を義務つけた施策です。

利用者への情報提供

利用者が事業者の安全性を確認できるような情報を表示するようになりました。目的は利用者が適切な高速バスを選択できる環境を整備するためです。旅行業者は、高速乗合バスと高速ツアーバスの交替運転者の配置状況などの情報を表示するように指導をはじめました。

ドライバーの異常を検知するシステムの例

事故対策のためのドライバーの以上を検知するシステムも登場しています。バス利用者と運転手を守るためにも導入したほうがいいでしょう。

ガーラ(いすゞ)

衝突被害軽減ブレーキシステムを提供しています。ミリ波レーダーと画像センサーを組み合わせて、歩行者や低速走行車を検知する仕組みです。追突の危険性があると、早期にドライバーへ警報とディスプレーで通知します。また、早期の警報音と弱いブレーキ作動を実施し注意喚起するのもポイントです。さらに追突の可能性が高まった場合、強い警報と本格制動を作動し衝突を回避します。危険回避が行えない場合でも、強いブレーキが作動して追突被害を軽減するシステムです。他にも可変スピードリミッターで車間距離の自動的な維持、オートハイビームや車間距離警報装置や車両安定制御システムを提供しています。

ドライバーモニター

走行時、ドライバーの運転姿勢や顔向きやまぶたの開閉状態をモニターする装置です。前方注意力不足を検出したときは、警報音と警告表示により注意喚起します。わきみや居眠り運転防止に役立つでしょう。

ドライバー異常時対応システム

事故の原因として、ドライバーの突発的な病気というケースがあります。急病のような異常が発生すると、ドライバーや乗務員がスイッチを押すことで車両は制動を実施するシステムです。客席上部にも客席スイッチが備わっています。制動がスタートし、非常ブザーが鳴り、客席スイッチ内蔵ランプと赤色フラッシャーが点滅することで乗客に異常を通知できるのです。車外にもホーンやストップランプとハザードランプの点滅で周囲に異常を知らせます。EDSSスイッチが押されなくても、ドライバーモニター機能により異常を検知。車両が走行車線からはみ出したら、車線逸脱警報が作動し、速度を徐々に落として停止します。

対策を徹底している会社を選んだほうが良い

バス運転手として働くということは、乗客の命も守らなければなりません。そのためにはバス運転手は健康管理への意識も必須です。バス会社の中には、利益優先でバス運転手に無理をする悪質業者も存在します。悪質な会社で働くとなると、過労や整備不良で大事故が起きかねません。一旦事故が起きてしまえば、業者だけではなく運転手の責任も追及されかねないです。

そのような業者で働くより、体調管理の対策をしっかりしているところを選んだほうがいいでしょう。対策を徹底しているバス会社ならその不安も解消されるはずです。

眠気の原因は改善しておいたほうが良い

さまざまな眠気対策についてみてきましたが、人によって、体質に合う眠気覚ましの方法は異なります。ですので、自分に適した方法を見つけるために、いろいろと試してみることをおすすめします。また、乗客の安全を確保しつつ業務を遂行するために一番重要なのは、眠気の原因自体を、できるだけつくらないようにすることだと言えます。休めるときにはしっかりと休むことが重要です。

       
会社の安定性に注目!
愛知でバス運転手として働けるおすすめ3社
       

転職を考える上で考慮すべきポイントはたくさん。愛知県でバス運転手への転職を検討しているなら、企業規模と給料と福利厚生に注目することが、本当の安定性に繋がります。おすすめの3社を厳選しました。

ホワイトな労働環境
安心して経験が積める

豊栄交通

給与32万円〜
歩合制のため平均値
年間休日121日程度
職種の数4種類(送迎・路線・貸切・観光)

愛知の交通網
大きくカバーする企業規模

名鉄バス

名鉄バス公式サイトキャプチャ

引用元:名鉄バス公式サイト https://www.meitetsu-bus.co.jp/recruitment/cyuuto/index.html

給与月給19万円
+各種手当
年間休日121日程度
職種の数5種類(路線・高速・送迎・貸切・空港)

遠方からの転職も歓迎
充実したサポート

三重交通

三重交通公式サイトキャプチャ

引用元:三重交通公式サイト https://www.sanco.co.jp/company/recruit/lp/all/

給与196,480円〜
+各種手当
年間休日107
職種の数4種類(路線・貸切・観光・空港)
       

    【選定基準】
愛知県バス協会に加盟する会社のうち、公式HPがあり、正社員採用を行っている会社の内、対応バス職種数が4つ以上かつ所有バス台数の多い3社(2021年8月24日時点)
※会社規模=バス事業の大きさと定義し、保有バス台数と対応できるバス運転手の職種の数に注目しました。

ピックアップ関連記事