愛知でバス運転手を目指す人のサイト「バスリーチ」 » バス運転手として働くなら【知っておきたい基礎知識】 » バス運転手はいくつまで採用される?

バス運転手はいくつまで採用される?

バス運転手として働きたいとは思っていても、いくつまで採用されるのか分からないので躊躇している人もいるようです。そこで、バス運転手はいくつまで採用されるのかについてまとめてみました。

バス運転手の年齢制限はどれくらい?

バス運転手の年齢制限はバスの種類によって異なります。例えば、送迎バスであれば高齢ドライバーも積極的に採用していますが、高速バスや夜行バスに関しては、高齢ドライバーは採用しない傾向が強いです。また、観光バスはルートによって異なるなど、バスの種類によって採用事情が異なります。基本的には、走行距離の短いバス運転手であれば高齢者でも採用する傾向にあることから、走行距離と採用年齢はある程度比例していると考えてよいでしょう。

どれくらいの年齢まで募集している?

多くのバス運転手の年齢制限は、60歳までとなっていることが多いようです。特に40代以降となると採用が厳しくなってくるのですが、業務によっては60歳以上の高齢者を採用している会社もあります。例えば、とあるバス会社では再雇用の年齢制限を72歳に引き上げました。近年はバス運転手も人出不足が顕著です。高齢者ではあっても、経験がある場合には積極的に採用しているバス会社もあるなど、年齢よりも経験を重視するところもあります。そのため、経験がある場合には年齢で面接を受けられないと諦めるのではなく、一度相談してみるのもよいでしょう。

バス運転手の採用基準

バス運転手の採用基準のうち、大前提として、必要な免許を持っているかどうかが挙げられます。年齢や経験を問う前に、まずは免許がなければバスを運転することができません。また、視力も採用基準のなかで大切なポイントです。バス会社にとっては運転してもらうだけではなく、「安全な運転」こそ求めています。さらには経験、スキルなどです。面接後、すぐにでもバス運転手として働ける即戦力は大歓迎されることでしょう。一方、経験やスキルがなくとも若い年齢であれば、採用後、長期間に渡って会社を支えてくれるとの期待から採用されやすい傾向にあります。

高齢でも採用される可能性はある

上記を踏まえると、バス運転手は年齢も一つの判断材料ではありますが、決してすべてではありません。高齢でもバス運転手としての経験があり、即戦力として働ける場合には採用される可能性は十分にあります。そのため、年齢だけで判断するのではなく、経験やスキルをアピールしてみるのも手です。実際、高齢ではあってもバス運転手として採用されている人も多々います。

       
会社の安定性に注目!
愛知でバス運転手として働けるおすすめ3社
       

転職を考える上で考慮すべきポイントはたくさん。愛知県でバス運転手への転職を検討しているなら、企業規模と給料と福利厚生に注目することが、本当の安定性に繋がります。おすすめの3社を厳選しました。

ホワイトな労働環境
安心して経験が積める

豊栄交通

給与32万円〜
歩合制のため平均値
年間休日121日程度
職種の数4種類(送迎・路線・貸切・観光)

愛知の交通網
大きくカバーする企業規模

名鉄バス

名鉄バス公式サイトキャプチャ

引用元:名鉄バス公式サイト https://www.meitetsu-bus.co.jp/recruitment/cyuuto/index.html

給与月給19万円
+各種手当
年間休日121日程度
職種の数5種類(路線・高速・送迎・貸切・空港)

遠方からの転職も歓迎
充実したサポート

三重交通

三重交通公式サイトキャプチャ

引用元:三重交通公式サイト https://www.sanco.co.jp/company/recruit/lp/all/

給与196,480円〜
+各種手当
年間休日107
職種の数4種類(路線・貸切・観光・空港)
       

    【選定基準】
愛知県バス協会に加盟する会社のうち、公式HPがあり、正社員採用を行っている会社の内、対応バス職種数が4つ以上かつ所有バス台数の多い3社(2021年8月24日時点)
※会社規模=バス事業の大きさと定義し、保有バス台数と対応できるバス運転手の職種の数に注目しました。

ピックアップ関連記事